>

殺菌水を使って病原菌を退治

殺菌水の使い方をきちんと知ろう

医師から殺菌水を処方される時は、使い方を言われるはずです。
よく聞いて、正しい使い方をしてください。
口に既定の量を含んで、10秒程度うがいするだけで殺菌が完了します。
病原菌を簡単に退治できるのは嬉しいですが、強力な成分が入っているのではないかと不安になる人もいると思います。
しかし身体に害を与える成分は含まれていないので、具合が悪くなることはありません。

安心して使えるという部分も、殺菌水のメリットです。
まだ歯槽膿漏になって間もない段階だったら、殺菌水だけで完治できると言われています。
薬を使用するのは、副作用が心配だと思っている人も多いでしょう。
早めに医師に相談して、殺菌水だけで済ませられるよう努力しましょう。

たくさんの病気を治療できる

殺菌水で治療できるのは、歯槽膿漏だけではありません。
虫歯や歯周病、さらに講習も改善できると言われています。
殺菌水でうがいしていれば歯槽膿漏の予防にも繋がるので、自分の判断でやめないでください。
見た目は治ったと思っても、内部はまだ病気の部分が残っているかもしれません。
歯槽膿漏の治療をする時は、医師に経過観察をしてもらいます。

その時にまだ殺菌水を使用するか、それとももう使わなくて良いのか教えてくれます。
また効果をより大きくするためには、うがいをする前に歯石や歯垢を落とすのがおすすめです。
歯磨きをした後に、殺菌水を使ってください。
適当に歯磨きをしないで、丁寧に磨きましょう。
歯を1本ずつ磨く意識を持っていれば、綺麗になります。


この記事をシェアする