>

体質が原因で歯槽膿漏になる

ストレスのない生活を送ろう

通常の人間は、免疫機能を持っています。
正常に機能していれば、体内にウイルスが侵入して来そうになっても退治してくれます。
ですがストレスを受けていると、免疫機能が低下していきます。
その際にウイルスが侵入すると、食い止めることができません。
歯槽膿漏になる可能性が高くなるので、治療する時はストレスの軽減を意識してください。

薬で一時的に歯槽膿漏が治ったとしても、ストレスを抱え込む毎日が続くとすぐに再発します。
何度も歯槽膿漏になって治療を繰り返していると、だんだん薬が効果を発揮できなくなります。
使いすぎると、身体が薬に慣れてしまうからです。
薬で治療すると同時に、歯槽膿漏にならないよう体質改善に努めてください。

肥満体型の人は歯槽膿漏になりやすい

肥満は、生活習慣病の大きな原因になります。
また歯槽膿漏になりやすいので、良いことが1つもありません。
歯槽膿漏になって歯医者に行くと、肥満体型を指摘されることがあります。
なるべく、標準体型になるようダイエットを頑張ってください。
食生活を変えたり、運動する習慣を取り入れたりすることで脂肪を落とせます。

どうしても食生活や運動だけで痩せることができない場合は、サプリメントを処方されることがあります。
脂肪を燃焼しやすくなる成分が含まれているので、きちんと運動を続けていれば効果を発揮できます。
決して痩せる薬ではないことを理解しておきましょう。
これまでと変わらない生活習慣では、サプリメントを服用しても標準体型になれません。


この記事をシェアする